雑記

【30代独身女性の仕事の悩み】派遣社員を続けるか正社員に就職か?

【30代独身女性の仕事の悩み】派遣社員を続けるか正社員に就職か?

女性は25歳から30歳を過ぎるころ、いわゆるアラサー時期になるといろんな悩みが出てきますよね。

仕事に恋愛に趣味に家庭に。
人それぞれ環境が違うので悩みもさまざまですが、30歳前後では周りの変化にも影響されて気持ちの変化が起こり、それについて悩み、将来のビジョンを考え始める方も多いのではないでしょうか。

そんな悩めるアラサー世代に多い悩みごとのひとつにあげられるのが「働き方」

実は以前、久しぶりに30代前半の女友達と食事をしたときに、「仕事、働き方の悩み」について相談を受けました。

「今派遣社員として働いているんだけど、もう少しで更新のタイミングがくる。
このまま更新して派遣を続けるか、派遣は辞めて正社員で就職するか迷ってるんだ」

この手の悩み、派遣社員で働く人にとっては、毎回ぶつかる問題だと思います。

私も派遣歴が長かったので、全く同じ悩みを抱えていた時期があります。そこで今回は、『30代独身女性の働き方』ついて書いていこうと思います。

30代独身女性の仕事や働き方の悩み

30代独身女性の仕事や働き方の悩み

まず友人の現状からお伝えするとーー。

彼女は独身のアラサー女性で、仕事は大手企業で派遣社員として1年ほど働いています。

20代の頃は正社員で働いていましたが、母親の体調不良をきっかけに派遣社員として勤めるようになったようです。

父親は既に病気で亡くされていて、今はお母さんと二人暮らし。結婚もしたいけど、彼氏なしで結婚の予定は今の所なし、というのが彼女の現状。

仕事は週5で働いて収入も稼げる、定時上がりも可能なのでプライベートも大事にできることから概ね満足はしているものの、年齢を重ねるにつれ、自分の現状と将来に不安を感じ、今後の働き方に悩んでいるようでした。

その悩みすっごく分かる

派遣社員あるあると言っても過言ではない悩みですよね。それに家族や環境の変化でライフワークを変えざるを得なくなることも女性には多い問題です。

ではなぜ派遣で働くことが不安につながるのか、その問題を解決するには、まず派遣社員の働き方やお金問題などの現状から考えてみたいと思います。

非正規雇用の女性の割合とは?

そもそも、女性の正規雇用と非正規雇用ってどのくらいなのか調べてみると、総務省統計局から出ている労働調査(平成30年)の結果が見つかりました。

女性は正規の職員・従業員が1137万人と23万人の増加,非正規の職員・従業員が1451万人と62万人の増加となった。

引用:総務省統計局 労働力調査(平成30年)

あまり数字だけだと想像はしにくいですが、やっぱり正規雇用より非正規雇用の方が多いんですね。

ただ女性は寿退社などで、パートやアルバイトなどの非正規雇用の働き方に変える人も含まれています。

そのため、この数字だけで判断することは難しいですが、割合的に一定数存在することは確かです。

正社員と派遣社員の違いは?

正社員と派遣社員の違いは?

友人の働き方は派遣社員。言わずもがな非正規雇用です。

では正社員と何が違うのか。

正社員
給料月給制
ボーナス年1~2回(企業により異なる)
残業代企業による
交通費支給あり(企業により限度額有)
保険各種健康保険/厚生年金保険/雇用保険/労災保険
派遣社員
給料時給制
ボーナス支給なし
残業代支給あり
交通費支給なし(一部支給される派遣もある)
保険各種健康保険/厚生年金保険/雇用保険(条件あり)

比較してみるとわかりやすいでしょうか。

実は意外と知らない方もいるかもしれませんが、派遣社員でも条件さえ満たせば派遣会社の厚生年金などの保険に入ることが出来ます。

ですので正社員同様に週5でしっかり勤務すれば、各種保険に関する問題は一切心配ありません。

また、もし時短などで働きたい場合でも、保険に加入出来る条件案件も派遣会社によってはあるので、そこはコーディネーターさんとの相談になります。

30代独身女性の派遣社員としての月収は?

月給でお給料が貰える正社員に対し、派遣社員は時給制のため、労働時間で報酬が決まります。そのため、有休以外で休んでしまうと当然ですがお給料は減ります。

そして交通費の支給もありません。派遣会社によっては、限度を決めて支給されるところもありますが、基本的に派遣社員は交通費の支給はなしです。

ボーナスに関しても、派遣社員は支給されません。

ここまで聞くと「じゃあ派遣社員って全然稼げないんだね!」と思う方もいると思いますが、実はそうでもありません。

派遣社員は月給制ではないものの、通常のアルバイトなどと比べて時給が高く設定されているので、月給で比較した場合、正社員並に、時給によっては正社員以上に稼ぐことも可能です。

働く場所、職種、スキルや経験によって時給相場価格は異なりますが、都内の一般事務なら平均して時給1500円~1600円、専門職種なら1800円以上の案件もあります。

ですから、自身のスキルと経験次第では高時給案件を獲得し、月収30万円近く稼ぐことも十分可能です。

かつ、残業に関しても、1日8時間、週40時間を超えて働いた場合、通常の25%以上割増で賃金がきちんと支払われるので、時給+残業で稼ぐ派遣社員も多いです。

ただ、やっぱりボーナスが支給され、交通費も出る正社員の「年収」と比べると、派遣社員の方が収入は低いというのは事実かもしれません。

派遣社員のメリット&デメリットとは?

派遣社員のメリット&デメリットとは?

非正規雇用の働き方のなかで、特に独身女性に多いのが派遣だと思います。

もちろんフリーターやアルバイトなどで働く人もいると思いますが、それなりに稼げる理由から派遣社員を選ぶ女性が多いのも事実です。

私も新卒で入社した会社を2年で退職し、その後はアルバイト、そして派遣という働き方を過去にしてきました。

では実際に派遣で働いていた経験者から見る「派遣のメリット&デメリット」は何か、まとめてみます。

派遣社員のメリット

派遣社員には正社員にはないメリットもたくさんあります。

派遣のメリット
  • 仕事を選ぶことができる
  • 高時給
  • 自由度が高い
  • さまざまな経験を積める
  • 悩みを派遣会社に相談できる
  • 未経験から始められる仕事がある
  • 正社員より責任が軽い
  • 憧れの大手企業で働くことができる
  • 働いた分だけ稼げる

派遣の特徴はなんといっても、自分が働きたい会社を選べること。

もちろん企業側から提示されているスキルを持っていることが前提ですが、通常では絶対に入れない憧れの会社に「派遣」でなら働けるということは派遣ならではのメリットだと思います。

また、企業や募集職種にもよりますが、派遣社員の場合は予め業務内容が決められています。

ですから、応募する時点で業務内容を選ぶことができ、また、職種によっては未経験でも可能な案件も多いので、業務経験が浅い人でも経験を積むことが可能です。

そのため、大学卒業後、就職せずに派遣で経験を積む道を選ぶ人も多いようです。

収入面も時給制ではあるものの、時給が高いので未経験でも月収20万円前後は稼げますし有休もあります。契約時間内でしっかり働き、定時であがりプレイベートを楽しむ。

このように『仕事もプレイベートも大事』と考える女性には、派遣の働き方はメリットも大きいと思います。

派遣社員のデメリット

派遣社員にはメリットばかりではなく、もちろんデメリットもあります。

派遣のデメリット
  • 派遣契約期間は最長3年
  • 期間満了になる可能性がある
  • 正社員と待遇が異なる
  • スキル・経験の差で収入が異なる
  • 労働した分しか稼げない
  • コミュニケーション能力が問われる
  • ボーナスがない

派遣のデメリットは、私もつくづく感じていましたが、やはり契約期間満了がある点です。

契約期間は通常3ヶ月更新が基本で、派遣先会社と派遣スタッフの双方が継続を望めその後も3ヶ月間は働けるという仕組み。

逆にどちらかが契約打ち切りを提示した場合は、更新せずに契約満了となります。

ということは、もし会社側が契約満了を決めた場合、今の契約期間が終われば無職になってしまうということです。

派遣は正社員ほど職場探しが難しくないと言われていますが、それでもマッチング期間を要するので、その間は無収入となってしまいます。

これが「派遣は不安定」だと言われる要因です。

30代独身女性にとって理想の仕事や働き方とは?

30代独身女性にとって理想の仕事や働き方正社員も派遣社員も双方にメリット&デメリットがあり、また、個人によって何を重要視するのかで働き方も変わってきます。

私としては確かに派遣は不安定ではあるかもしれないけれど、働き方としては悪くないと考えています。

特に将来やりたいことや夢がある人、時短で働きたい人など、しっかり収入を確保しつつもプライベートも充実させたい人にとって派遣という働き方はとてもおすすめです。

それに派遣会社はたくさんあるので、良い意味で自分で選べることもポイントです。

例えば、

■登録スタッフの満足度が96%と高い指示のマンパワーグループ
派遣・求人・転職のJOBNET

■オフィスワーク系はもちろん、製造系、寮付きのお仕事などの派遣、職業紹介、紹介予定派遣など選べる綜合キャリアオプション
【綜合キャリアオプション】

■女性求人に特化したラシーク
お仕事探し・求人紹介 ラシーク

■事務、営業、販売、医療、金融、ITなど幅広いジャンルに強いジョブリンク
派遣のお仕事探しはジョブリンク

■総合的にお仕事探しができる求人情報サイト
派遣Style

上記のサイトは、派遣の初心者さんでも仕事が見つけやすく、使いやすいのでおすすめです。

30代女性が派遣社員で働く際に意識すべきこと

派遣は女性にとっても仕事とプライベートを両立させる働き方としておすすめだと上記でもお伝えしました。

ですがひとつ、派遣社員として働く際の注意点もあります。それは『いつまで続けるのか』が、将来的にも重要なポイントだと思います。

大手企業で派遣社員ながらもバリバリ経験を積んで、それを生かして就職できる人もいるかもしれませんが、ある程度年齢を重ねてからの就活は一般的に難しいとも考える人も多いですよね。

なによりアラサー女性にとっては、”年齢”という引け目や負い目みたいな感情がでてきてしまうこともあるでしょう。

私も派遣時代は、「このままずっと派遣でいるわけにもいかないし、いつかは就職して安定した働き方にしないと」と悩んでいた時期があります。

ですが今思えば、安定は欲しいけど、それ以上に「自分が望む自由な環境で、自分だからこそできる仕事がしたい」という気持ちが大きかったと思います。

その後も多少の紆余曲折はありましたが、現在ではご覧の通り、時間と場所に縛られない生き方を実現するための一歩としてブログを頑張っています。

ですから、彼女のように将来に不安を感じて迷っているのなら、まず自分が将来どんなふうに生きていきたいかを考え、そのための方法が派遣なのか、それとも正社員なのかをきちんと考え決断して先に進むべきだと思います。

迷っている時間も無限ではありません。確実に時間は過ぎてしまいますから。

30代独身女性の働き方はひとつじゃない

30代独身女性の働き方はひとつじゃないそしてもし、「正社員じゃないかも」と考えるのなら、正社員以外の働き方や生き方だってあると思います。

今ではリモートワークも増えつつありますし、個人で仕事を獲得できるクラウドソーシングなどもあるので、そういった方向性もアリですよね!

それにクラウドソーシングは副業としても優秀なので、もし就活すると決めて頑張っている間でも無収入を避けることができます。

だからまずは、『将来、自分はどんな生き方をしたいか』を考えてみて、今できることを一歩でもいいから踏み出して行動していけば必ず成果は見えてくるはず。

ちなにみ、派遣の契約更新に迷っていた彼女は、

「ひとまず無職は怖いから一旦派遣は更新して、同時にクラウドソーシングもやってみる!
それに慣れてきたら派遣は辞めて就活してみようかな」と言っていました。

最初、派遣か正社員の二択で悩んでいた彼女が、それ以外の選択肢や可能性があると知ってからは、塞ぎがちだった表情が和らいだのがとっても印象的でした。

私ももっと頑張らないと!笑